買取されたダイヤのその後とは


買取されたダイヤはその後どうなるのでしょうか。
買取されたダイヤのその後は大きく分けて3つに分かれます。

一つは買取業者が持つ販売店での販売です。
質屋さんをイメージするとわかりやすいかもしれませんね。

ダイヤには中古品という概念はありませんが、こういったお店ので販売されるダイヤはジュエリーショップと比べると価格が半額に近いので人気があります。買取業者から国内のダイヤ卸業者に販売される場合もあります。

卸業者ではダイヤとプラチナなどのダイヤ以外の部分に分けられます。
分けられたダイヤは再び加工され新品のジュエリーに生まれ変わり、ジュエリーショップなどで販売されます。

また買取業者がオークションに出品し海外に輸出されることも多いです。インドや中国の富裕層からのダイヤ人気は高まりを見せ、インドや中国の業者が大量に落札しているようです。中古品という概念がないダイヤはカットや装飾部分のカタチを変え永遠に市場に残ります。
ダイヤモンドが永遠の愛の証に例えられるのも納得ですね。

This entry was posted in ダイヤ買取まめ知識. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found