蛍光性の強いダイヤは買取評価が下がる


ダイヤの価値をはかる基準として4Cが重要であることはご存じだと思います。しかしダイヤの価値は4Cだけで決まるわけではありません。4Cに加えて直径の寸法と蛍光性もダイヤの価値をはかる重要な要素となっています。

ダイヤの輝きを表現する言葉に「テリ」があります。
よく耳にする「テリのあるダイヤ」とは、ダイヤらしい輝きに満ちたダイヤのことです。当然、テリのあるダイヤの価値は高く、買取においても高額査定が期待できます。

ダイヤの蛍光性が強いとこの「テリ」が出ません。
ダイヤらしい輝きを発さないダイヤの価値は当然下がります。
特に海外では蛍光性の強いダイヤは嫌われる傾向にあるようで、買い取ったダイヤの海外輸出をメインに扱っている買取業者では納得のいく査定金額はまず期待できないでしょう。かといって国内業者に販路を持っていたり販売店を持っている買取業者においても査定価格は期待できません。

何店か見積りにかけてもっとも良心的な価格を提示したショップに売るのが最良の選択ではないでしょうか。

This entry was posted in ダイヤ買取まめ知識. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found